ムダな体毛は女には必要ない!

もしかして、こんな悩みをお持ちでは無いですか?

・女として有り得ない場所に体毛があった
・太くて濃い体毛ってみんなどうしてるんだろう
・体毛をカミソリで剃るには量が多すぎる
・ふと鏡で背中を見たときにゾッとした
・足なら隠せるのに、よりによって腕の産毛が濃い
・油断するとワキがボーボーになっている
・体毛のせいでフラれた事がある


このように体毛で頭を悩まされている女子は、実は貴女だけでは無いのです。
そんな女子たちのために格安サロンが存在しているのです。








脱毛ラボ
選べる部分脱毛24ヶ所
1,490円/月の詳細はコチラ





うちの娘も体毛で悩んでいたのを見てきました



私には今年20歳になる娘がいますが、彼女は生まれたときから手、足、背中、肩、と体毛があって、兄弟の中でもちょっと異常だったのを覚えています。

彼女は学生時代に周りの女の子たちと比べて毛深い事を意識し始めたようで、私に何度か話をしていました。
もちろん私も気にかけていて、フォローしてました。



運動神経が良かったのか陸上部に所属していて、日焼けしていたおかげで体毛はごまかせていたと思います。
日焼けした部位は目を凝らさないと見えないほど体毛にも気付きませんが、かえって日焼けしてない部位が目立ってました。

お風呂に入るとシェーバーの跡が残ってました。

時折2時間くらいお風呂から出てこないときもあって、体毛の処理は欠かさなかったと思います。
私も申し訳ない気持ちを感じていたので、彼女の背中など手が届かない部位を剃ってあげたりしてました。

ただ、稀に荒れて肌が赤くなったり、血を出していたのも見て、このままでは彼女が本当に気の毒で見てられないところまでなりそうだと思い、世の中でも体毛の濃い女の人たちについて調べた事があるのです




女性なのに体毛が濃い原因は何?



体毛の濃い女性について調べていると可能性が高いものの中に遺伝があったんです。
もともと体毛が何故あるのかと言えば、外部のバイ菌やウイルスから身を守るための壁となる、さらに健康的な子孫を残すために体毛は遺伝されたほうが子孫の繁栄に繋がると遺伝子に判断されていると書いてあったのです。

この遺伝は両親または祖父母から受け継ぐ可能性が高くて、たとえ両親や祖父母が毛深くなくてもそれより以前の世代で毛深い人がいるなら子供の体毛が濃い遺伝も確認されているとあったのです。



もう1つ可能性があったのが女性ホルモンの減少です。
実は、女性の中にも「男性ホルモン」がわずかに含まれていて、通常は女性ホルモンが大多数を占めているので女性特有の外見を保持できているのが、何らかの原因で女性ホルモンが減少すると男性ホルモンの割合が増える事になり、その結果、腕、ワキ、すね、へそ、など今まで見覚えのない部位に体毛が生えてくるとあるんです。

女性ホルモンのバランスが変わるタイミングで多いのは、生理や妊娠など肉体に変化を伴うときに可能性が高まりますが、そのタイミングではないのに体毛が濃くなったのなら精神的に変化を伴う生活環境やストレスが原因となって体毛が生えてきたと考えられるようです。

昔の女性は社会に出て働くなんて無かった時代が何千年もあったわけで、社会進出によって女性でも自立できるようになったので、本能が知っているストレスとは別物の新しいストレスが深く刺さった弊害がこんなところに現れたのですね。




体毛が濃い女性の特徴は?



体毛が濃い女性はなかなか他人に相談できずに苦しんでいると思います。
私も娘の姿を重ねながら、体毛が濃い女性の特徴を調べ始めたのです。

【不規則な生活習慣】

普通の人間が普通に健康を保つには、規則正しい生活が最も良いと言われてますが、これはやはり当たっているようです。
太陽と同じように寝て起きるのが何千年前からずっと続いているのですから、人間の遺伝子にはそれこそが健康であり普通なんだと刷り込まれています。

女性は特に昔は狩りや働く生き物ではなくて、家でじっと守る生き物だったのですから昨今の生活習慣の変化は十分あり得ますね。
それを崩すのは体の異変を引き起こす要素になるのだと。

睡眠不足、運動不足、栄養不足、不規則な生活、などがそれに当たるようです。
いずれも女性ホルモンの減少に関わっていて、体毛が濃くなる人の中にも見られるんです。
娘も外にいるときは把握できないですから恐らくこういうのも他人事ではないと感じています。


特に女性にとって睡眠不足は自律神経の乱れや、男性ホルモンの活性化を手助けするほどみたいです。
仕事で汗かいて走り回って、時には力仕事をするとか、遅くまで残業をするような生活はまるで男性みたいですからね。


濃い体毛を薄くする方法は?



【不規則な生活習慣の改善】

体毛が濃くなった原因の中で遺伝だけは対策も困難ですが、女性ホルモンの減少による可能性のほうなら女性ホルモンが増える生活習慣にできれば体毛も薄くなりそうですね。

規則正しい生活のために、栄養は1日に多くの種類を取るように、ゆっくりお風呂に入って睡眠をよく取るように、残業や夜更かしを控えるように、そうする事で生活習慣の改善が見込めますね。

他の本で書いてあったのが『女性ホルモンとは頭で作られるのではなく、体によって作られる』と記載されていて、つまり恋愛でドキドキするような感情で女性ホルモンが増えるわけではなくて日常生活から女性らしさが感知されるところから女性ホルモンが増えるのだと理解できたのです。



【豆類を多く摂取する】

栄養学の本で見かけたのが大豆など豆類を強く推奨されていたんです。
大豆を多く食べるには、豆腐、納豆、ひじき、煮物、など和食が中心ですね。

これは昭和の時代にはごく当たり前の食事風景だったはずで、女性が体毛に悩むようになったのもここ20年と言う事は、和食中心だった頃は女性は体毛に悩んでいなかったと推測も立ちます。

色んなとこで大豆は体に良いとは聞いていたものの、女性にとっては体毛にも影響するほど重要な食材なんです。



【自分で体毛の処理はリスクあり】

ある日、娘がお風呂から2時間くらい出てこなかった日があったんです。
様子を見ると、カミソリでワキの体毛を剃ってたので本当に驚きました。

さらに少し肌を切って血が出ていたんです。
剃った体毛もお風呂の栓で詰まってます。
コンビニで買ってきたカミソリも滅多に使わないんだから手付きも慣れていません。
実はそれまでにも何回かやっていたみたいで、このときが私が見つけた初めての日だったんです。

体毛のせいで肌まで傷つけてしまうのヤメてと叱りましたが、仕方ないでしょと。

その後よく調べてみると、カミソリで体毛を剃るのは肌荒れの元にもなり、カミソリに付いたバイ菌が毛穴を通って体内に侵入するとか、ダメージが肌に残るなど影響が大きいのが分かったのです。





女性にとって体毛を剃るのは危険だった

ムダな体毛をカミソリで剃るのは、誰もが最初に思いつきそうなものです。

しかし、毎週のように娘がやっているのを見て分かったのが、

・肌が乾燥するのを早める
・肌の細胞を傷つけている
・お風呂は湿気が多く、バイ菌が好む環境
・当然お風呂に置いたままのカミソリにはバイ菌も付く
・バイ菌の付いたカミソリで肌に触れる
・肌が化膿したり肌荒れの原因になる


という怖いリスクが潜んでいる事です。



体毛は剃っても剃っても自然に生えてきます。カミソリで一時的に無くすことができても、表面上だけ無くしてるくらいですぐにまた表に出てきます。

何よりも、カミソリはちょっと刃を立てると肌を切ってしまい、そんな娘の様子も何度か見てきました。
そこで娘が試したものがあります。



ムダな体毛の色を染めてみた



あるときテレビかネットの通販で『濃い体毛の色を染めれば目立たなくなる』というのを見たのを娘に話すと『うん、使ってみたい』と言ってたので、早速購入して彼女に使ってみたのです。
確か数千円くらいの脱色クリームだったと思います。

ですが、ハッキリ言って効果ありませんでした。

細かい産毛は多少は見えにくくなっても、真っ黒に濃い体毛は存在感があって、光の当たり具合によって浮かんできます。
むしろキラキラ見えるので、かえって目立ちやすいと言ってましたね。

そもそも予想したほど染まりませんでした。




【脱色クリームと脱毛クリーム】

ただ、そのときに、もう1種類のクリームも購入したんです。
先程のクリームは『色を染めるクリーム』で、もう1種類のほうは『体毛だけを溶かすクリーム』でした。

前者は『脱色クリーム』、
後者は『脱毛クリーム』、
の違いですね。

体毛を溶かす脱毛クリームのほうは、濃い毛が不思議と溶けて無くなったのを私も見ていて、2人で『うわ〜凄いね〜』と驚いたのを今でも覚えています。

ですが、1本のクリームで3000円ほど掛かって、中身は1か月くらいの容量です。
そんなのを毎月負担するには経済的に厳しいところですし、せっかく溶けて無くなったはずの体毛も日数が経てばまた生えてきたんです。

あくまでも一時的に体毛を取り除くだけの効果のみだったので、2人でガッカリでしたね。

そこで次の手段を考えました。




女の医療脱毛ってハードル高いですね

脱毛クリームでも失敗した私たちが次に考えたのが、

・もしかして彼女は病気なのではないか

という不安からです。

近くの皮膚科に言って話を聞いたのですが、病気というわけではないみたいです。

女性ホルモンの問題で体毛が濃くなるのも20代が多いらしく、まだ10代だった娘はそっちよりも遺伝的なものが関係ありそうでした。
私の母親、彼女にとってはお婆さんも体毛があるほうだったかもしれないと思い出してピンと来たのです。




治らないのなら医療脱毛するしか無いのかなと思ったほどです。

それで医療脱毛について調べ始めたのですが、これもまたハードルが高いのを知りました。

・高額である
・毛が濃い人が確実にツルツルになる保証は無い
・臭いが強くなる
・痛みが激しい


などのデメリットもあるって内容を読んで、とても娘には厳しいと感じました。

ですが、この辺を調べていた時にもう1つの選択肢を発見したのです。



体毛に悩む女性はとても多いことを知りました

最近は高額な医療レーザー脱毛だけではなく、もっと格安で痛みも少ない脱毛サロンがあるんですね。

中でも全国規模の大手で評判も良かったのが脱毛ラボだったのです。







脱毛ラボ
選べる部分脱毛24ヶ所
1,490円/月の詳細はコチラ